20代の髪ケア、30代の髪ケア

20代後半ぐらいから、髪のツヤやゴワつき、パサつきが気になりはじめました。
保育士という仕事柄、常に髪は太陽光にさらされていました。ダメージは常に蓄積されていくので、ヘアパックなどの特別なトリートメントをたまにするぐらいでは全然追いつきませんでした。
なので、毎日のシャンプーとリンスにこだわるようになりました。シャンプーだけで1000円前後くらいするもので、気分的にも「いいものを使ってる」と自覚できるように香り強めなものを選んで使っていました。
ある程度いいものを使えば、ある程度のところまでは髪のツヤも戻るし、手触りも変わってきます。それ以上のケアは、やってもどうせ太陽にさらされればダメージは避けられないので、とくにしませんでした。
30代になり、専業主婦になって髪が太陽にさらされる機会が減ったことで、シャンプーの値段も今までよりだいぶ安めのものを使うようになりました。歳のせいもありますが、やはりゴワつきは多少出てきました。今は高いシャンプーを使うわけにもいかないので、毎日のドライヤーを丁寧にしたり、頭皮マッサージを意識しながらシャンプーしたりするようになりました。
ドライヤーは、温風と冷風を交互にあてるようにするといい、という話を聞いたので、今はそれを徹底してやっています。正直、高いシャンプーを使う前に、丁寧に温風冷風ドライヤーをしておけば、高いシャンプーを買わなくても済んだかもなぁと思うくらい良い感じです。
30代になり、ドライヤーでなんとか髪質の現状維持を頑張っていますが、出産をし、産後の体質の変化とともに髪質も変わってくるのでは…とドキドキしています。高いシャンプーに頼らなくてもいいように、日頃のケアを丁寧にすることを心掛けよう…と思います。

タイトルとURLをコピーしました