グリセリンフリー

私は、今年の8月までずっと、ケアすればするほど、顔が赤黒くなり、毛穴も開いて脂っぽくなることに悩んでいました。
洗顔後はものすごく白いのに、化粧水→乳液→美白クリームと塗れば塗るほど、どす黒くなって、
首や手の色とまったく違う色になってしまうのです。
悩んで、同じ症状の人がいないかネットで検索したり、口コミサイトを見て、いろいろな化粧品を試しましたが、余計ひどくなってしまうばかりでした。
夏ということもあり、皮脂がすごかったので、とりあえずクリームをやめ、乳液もほんの少しにしてみたり、徐々につけるものを減らしてみたら、少しずつ調子がよくなりました。
そこで出会ったのが、「グリセリンフリー」という言葉です。
グリセリンなんて、ほとんどの化粧品に入っているものです。
私が持っている基礎化粧品も、ひとつを除いて全てグリセリンが入っていました。
特に、私の使っていた美白美容液には、濃グリセリンが入っており、これをやめてからちょっと調子がよかったので、
ダメ元で、グリセリンフリーの化粧水と乳液を買いに走りました。
すると、まるで嘘のように色が黒くならない。毛穴も小さい。皮脂も出ない。顔が明るい。
嘘でしょ〜‼‼⁉こんなに違うの??
と、目を疑いました。
まさかグリセリンが合わないなんて、驚きでした。
それから、洗顔料も、シャンプー、トリートメント、日焼け止めもすべてグリセリンフリーにしたところ、
パサパサだった髪の毛はサラサラになり、生え際にあったブツブツもなくなりました。
ずっと何をしてもだめだった鼻の黒ずみも綺麗になってきて、ごわごわしていた肌も柔らかくなりました。
全部が全部、グリセリンをなくしたからではないと思いますが、
みんなにはいいものでも、自分にはだめなことってあるんですね。
気付けてよかったと、心から思っています。
グリセリンフリーの欠点は、乾燥することですが、
うすーくうすーく、チューブのベビーワセリンを塗ることで、解決できました。
暑いうちは汗もかくし、乳液塗って、美容ジェルを塗って終わりだったのですが、
乾燥の気になるところに、ほんの少し塗るだけで、全く効果が違います。
顔を洗ったあとのように、お肌が白くなり、透明感が出てきました。
これからも、季節や肌状態に合わせて、調整していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました