大人ニキビだと思っていたら花粉症が原因の肌荒れでした。

10代の頃からニキビができやすい方で化粧水などかなりたくさん試してきました。
20代半ばになっても生理前などは必ずニキビができ、それを隠そうとファンデーションや、コンシーラーを重ねさらに悪化。赤ニキビ、白ニキビの両方できるのでいつも何かしらのニキビがあり、人と話すのも嫌な時期ぐありました。なんとかしようと、ドラッグストアに売ってるニキビ対策の化粧水や洗顔などを使用してもなかなか良くならず、百貨店コスメなども試しましたが症状は変わりませんでした。どうしても治したかったので皮膚科に通う事にしました。皮膚科では飲み薬と塗り薬を頂き、ニキビのできる回数がグッと減りました。2年ほど通院し、あれだけできていたニキビがほぼできなくなりましたが、ある時薬を飲まずにお買い物に行き、その日の夜「いつもの肌と違う…?」と洗顔の際に違和感が。次の日も肌がゴワゴワしたような変な感触だったので皮膚科に行くと「花粉症で肌が荒れています。」との事でした。ホコリや花粉、紫外線でも荒れてしまうぐらいの敏感肌になってしまいました。皮膚科でもらっていた薬も、耳鼻科でもらっていた薬もなくなったら即アレルギー反応で痒みも出てくるようになりました。薬で症状は抑えれるが改善はしていないのでどうにかしたく食事内容を見直し、油物を控えたり日焼け止めや日傘などで紫外線対策を気をつけるだけで肌荒れも落ちつき、30代になるとニキビ跡もほぼ残っておらず人生で初めて「肌ツヤツヤできれい」と何人もの方に褒められるようになりました。今では朝晩の洗顔とニキビができまくっていた時には考えられませんでしたがとにかく保湿をするようにし、肌荒れの悩みはほぼゼロになりました。ノーメイクでも外に出られるようになったのでメイクの時間も短縮されてとっても楽です。
肌荒れで悩んでる方は自己判断せず、お医者さんに診てもらい自分に合った薬を処方してもらう方が金銭的にも抑えられますし効果が出るのも早いと思います。

タイトルとURLをコピーしました